« 「0227」、いいじゃない! | トップページ | ナニを隠そう、うししし。 »

ダンナもそぅでした・・・。

マサさん。美和チャン。

ココに来てくれた皆さん。

こんにちは♪ (*^_^*)

*今日の名古屋*

No1_742

さっ、寒いッス・・・(-_-;)

薄日は射していますが寒い。

寒がりですから寒い。

クドイって・・・(笑)

マサさん。今日『ドリブログ』UP。

『ありがとうございますっ!!』 m(_ _ )m

この本のタイトルを読んで私は、

心から「本当に良かった!!」って思いました。

なんでそぅ思ったかと言うと、

ウチのダンナさんもうつだったからです。

会社のストレスが1番の原因だったと思います。

会社に行きたくない・・・。

泣けてくるほど行きたくない・・・。

指先がしびれる・・・。

喋らない、笑わない、無表情・・・などがありました。

精神科にも通院しました。

毎日。

家を出てからちゃんと会社行ってるかな?

ちゃんと帰ってくるかな?

って心配したこともありました。

こうなる前になんとかならなかったかな~?って

すごく反省。

そのころダンナの仕事が忙しく帰りが遅かったんです。

なのですれ違いが多くあまり話さなかったんです。

いくら忙しくてもやっぱり話す時間は必要!

今は、そぅ思っています。

おかげさまでウチのダンナは

うつから帰って参りました。

またならないか心配ですが、

私が阻止したいと思います。

そのためにもこの本。

ゼヒ読んでみたいな・・・。

|

« 「0227」、いいじゃない! | トップページ | ナニを隠そう、うししし。 »

ドリブログ」カテゴリの記事

コメント

旦那様、そうだったね・・・miki☆ちゃんと初対面した日にmiki☆ちゃんのステ旦様ともご対面したんだよね。
後で聞いてビックリしたっけ・・・
でもステ旦様のことがあったからこそ見えてきたものや得られたものもあったと思うし、miki☆ちゃんがしっかり支えているからステ旦様きっとダイジョウブだよ。
でも寒い季節はなりやすいって聞くから。ちょっと怖いよね。
うちの場合は義母だけど、発症した時はしっかり支えたいって思ってる。
同居じゃないから難しい部分もあるんだけどね。
今は甘えさせてもらってばかりですが・・・

と!!話は変わるけど、昨日のブログにすみれ@miki☆からコメが!!
ってコレmiki☆ちゃんが入れてくれたの??
今も名前呼ばれちゃったぁ~☆

投稿: keiko | 2008年1月20日 (日) 14時43分

そっか。
ミキちゃん。
でも、そんな事を越えての今。いろんな事があるよね。私の兄も一昨年入院してたんだ。
今は元気にやってます。
私も読んでみよう。

投稿: ちびたま☆ | 2008年1月20日 (日) 15時24分

そうだったんだ...

そんな事があったんだ...

知らなくてごめんね...その時なんの力にもなってあげられなくてごめんね...

miki☆ちゃんに、抱えきれないほどの元気やステキ、たくさ~~んもらってるのに...

投稿: みいみい | 2008年1月20日 (日) 16時36分

この病気は大なり小なり、誰でもかかる可能性があるので
怖いのよね。私も・・・
本来、外に出ることが嫌いでもないし、人の中にいる事も・・・
なのに、ここ何年か自分の中で“おかしい”と思える事が。
聞いている事を聞いてないという
人の中にいる事が耐えられない
頭痛や吐き気
簡単な事を度忘れしてしまうetc.
職業柄、若年性認知を疑い、MRIも受けました。
でも、異常なし(正直ホッとした)
だとしたら・・・いったい何!?
解らないままでした。
知り合いの看護師さんに相談すると、私の年齢にはよくおこる症状だそうです。
で、私がとった行動は、仕事を辞める。
実際に辞めると症状はなくなるのです。
でもね。それでは何の解決にもならないのよね。
心の病気は、自分とどう向き合っていくかだよね。
そして、やっぱり男女問わず何でも話せる、パートナーの
存在は大きいと思うよ。
ダンナさまには、miki☆ちゃんが側にいる事が大きな心の
支えになっているんだね!

投稿: みゃあ太 | 2008年1月20日 (日) 19時17分

miki☆ちゃん、
私もこの本、読んでみたいなって思ったよ。
私、病院で働いてるんだけど、だから、病気と闘ってる人をたくさん見てきたんだ。自分の身近な人が病気になったとき、どんな接し方ができるだろうっていつも考えてきた。今も、正直分からない。。だから、この本読んで、ちょっと大人になりたいなって思うんだ。miki☆ちゃんも辛い時期を乗り越えてきたんだね。

投稿: feedbread | 2008年1月21日 (月) 08時40分

*keikoチャン。

そぅだったの。

ウチのダンナさん。
家族思いのイイ人だよ。
なかなかダンナには言えないんだケド(~_~;)
乗り切ってくれて感謝です。

すみれの代行で書きました(笑)
ひまわりに話しかけても、
まだ名前読んでくれないよぉ。・゚・(*ノД`*)・゚・。

投稿: miki☆ | 2008年1月21日 (月) 12時45分

*ちびたま☆サン。

久しぶりデス。
元気ですか~!?

お兄さんも元気になられて
ホントに良かったですね!!
お互い、家族を大切にしましょうね。

投稿: miki☆ | 2008年1月21日 (月) 12時48分

*みいみいチャン。

ありがとう。
そぅ思ってくれただけで
ホント嬉しいです!!m(_ _ )m

投稿: miki☆ | 2008年1月21日 (月) 12時51分

*みゃあ太チャン。

みゃあ太チャンにも
ツライ時期があったんだね。

ウチのダンナも
元気になったのは、
人事異動をしてもらったからだと思います。
今までとは全く違った職場に。
それから徐々に良くなりました。
ダンナがうつになって
初めてわかったこと、
勉強になったことたくさんあります。
人間。やっぱり1人で悩みや思いを
抱え込んではいけないね。
みゃあ太チャン。
私でよかったら何でも聞くよ~(o~∇~o)v

投稿: miki☆ | 2008年1月21日 (月) 13時01分

*feedbreadチャン。

病院で働いているんだね。
私は2年前までは、
自分の親が病気になって
生命にかかわる大手術するなんて
思いもよらなかった。
それを知った時、
すごいショックだったし、
あんな痛々しい親を見たのは初めてだった。
聞くのと、実際目の当たりにするのと
やっぱり違うと思う。
なのでこの体験が何かのプラスになったら
イイなぁ~って思います。


投稿: miki☆ | 2008年1月21日 (月) 13時15分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ダンナもそぅでした・・・。:

« 「0227」、いいじゃない! | トップページ | ナニを隠そう、うししし。 »